生きてる感覚、心が開放される感覚を味わえた場所。

妹が神奈川に住んでおりまして、姪っ子(6歳)&甥っ子(3歳)がいます。


 2人とも私の事が大好きで、遊びに行くといつも私の取り合いに♥てへ


https://www.instagram.com/p/BbQkYVvgb0d/


そして甥っ子(3歳)を見ていていつも思うこと。


 


「私もあれくらいハッキリ感情を出せたら楽だろうなー」と。


 


たとえばプレゼントをあげても、気に入らなければ無表情だし、気に入ればこれでもかってくらいクシャクシャの笑顔になる。


 


遊んでほしければ、かまってほしいとアピールする、けど自分がテレビに夢中になってる時は、私がかまっても一切反応しない。笑


 


転んで泣く、でもお母さんに抱きしめられるとすぐに泣き止む。


もしかしてウソ泣きじゃなかったのか?ってくらいピタリと(笑


 


こうして欲しい、こうやって欲しいとハッキリ言う。あれが食べたい、これを買って欲しいという意思をハッキリ伝える。妥協は一切しない!!!


 


それに比べ、姪っ子ちゃん( 6歳)は「遠慮」や「妥協」を覚え、「人の顔色」を見るようになってきた。


 


 そうやって人はどんどん素直じゃなくなっていくんだなーと。


 


たった6歳でもコレなんだから、数十年生きてる私たちは、どんだけ自分を偽ってるんだろーなーと思う。


 


特に私は「感情表現が乏しい」「無表情」と言われいて、自分でも自覚している。


 


こういう話、信じられない方はスルーしてもらってもいいんだけれど、以前過去生を見ることができる方にお会いした時に、


 


「今世であなたが克服しなければいけないことは、


想いを言葉に出して相手に伝えること」


 


と言われた。


 


過去生の私(男)には、献身的に尽くしてくれた妻がいて、めちゃくちゃ感謝しているんだけれど、最後まで感謝の言葉を妻に伝えることが出来ずに、悔やんで死んでいったんだそう。


 


こういうのをカルマっていうのかな?!


 


この話を聞いてから数年経っているけれど、一向に前に進めていなかった。


 


でも初めて、少しだけ自分の感情が豊かになろうとしている感覚があった。


 


それが先日行ったフィリピンのカミギン島でシュノーケリングをした時。


 


足のつかない海で泳ぐってことは生きるか死ぬか?


そうなったら欲求を表現するしかない、というかそんな感じ。


 


あとは「生きてる」って感覚がすごくハッキリした瞬間でもあった。


 


日々の悩みとか、モヤモヤとか、満たされない想いとか・・・


その時はどーでもよくて、とにかく死んでない、生きてる!って。


 


あの時の心の開放感は本当に気持ちがよかった!!!


 


だから日本でもそういう感覚を味わえるような活動をしたい。


 


●自然の中で過ごせる活動


●心の中の感情や欲求を表現しやすい場所を作る


 


目標は五感の開放!!!


 


もちろん私自身がまだまだなので、みんなで一緒に歩んでいける「仲間」として活動をしていきたい。


 


何ができるだろう????


 


https://www.instagram.com/p/BagXUHdAbxY/



*
*
* (公開されません)

facebookでコメントする